ちょこらく喫茶店

ああ、身も蓋もない

改・ちょこらく喫茶店 OPEN

 

初めまして、中屋裕喜といいます。

ブログをはじめました。

人生初です。

 

ちょこらく喫茶店の名前の由来

   

訪ねると心がちょこっと楽になる。

そんな感じの喫茶店みたいなブログをつくれたらいいな。
という思いを込めて、ブログ名を「ちょこらく喫茶店」にしました。

 

 

というのは半分本当で半分はウソです。

 

 

もう一つの名前の由来はですね…。

占い師のゲッターズ飯田さんの本に、チョコレートが好きな人に成功者が多い的なことが書いてありまして、ええ、はい。ごほん。

それで、幸運のチョコレートにあやかりたくて、「ちょこ」をいれました。

それから社名判断で演技のいい画数の名前にしたら末永く続けられるかな、なんて打算ごほっ、げほげほ…ええまあ、ままま。

 

占い大好きてわけではないのですけれどもね、ここ一番は縁起悪いよりも良いに越したことはないと思う主義なんであります。

 

 

ブログの内容

 

日記です。

大いに悩んでおります。

仕事、私生活、子育て、過去、未来、などあらゆることについて、不安定で未熟な一人の人間が悩んでおります。

 

 

他にもブログを作成しました

 

お金のことや経済について特化して書きたかったので、それは「ちょこらく財務」というブログで書いております。

 

私は本を読むのが好きなので、読書解説も別のブログで始めました。

こちらは「ちょこらく読書解説」です。

 

こちらも社名ばっちりです。

 

 

 今まで隠してきた本音

 

わたくしは、「誰しもがなんらかの方法で誰かと繋がろうとしている」という基本的な考えを持っております。

ギターが格別に旨い人は、ギターをアースに誰かと繋がれる喜びを感じている。

数学者は数字を媒介して、人とコミュニケーションをとろうと試みている。

とまあ、ギタリストや数学者に「勝手なこというなや」と叱られそうな乱暴な思想を抱えております。

 

こんなことを考えているからって、

「ねえねえ、誰かと繋がりたいんでしょ?」なんて嫌なことを聴いて回ったりはいたしませんけれどもね。

 

私は本を読むことで人と繋がっている安堵感を胸に成長してきました。

これからは文章を書くことで誰かと繋がりたいのであります。

 

 

これはささやかな本音であります。

 

 

 

 

 

 

長くなってしまいましたが、自己紹介でした。

読んでくださってありがとうございました。

つづく。