ちょこらく喫茶店

ああ、身も蓋もない

しれっと改名

ちょこらく喫茶店の中屋裕喜です。

しれっと改名いたしました。

行動力だけが取り柄であります。

 

姓名判断という言葉に畏怖といいましょうか、

多少怖いという気持ちを感じながら生きております。

そのうえ、パズル系のコンテンツが好きなものでありますから、

どの数字とどの数字を足すとこっちが良くなって、

そうするとこっちが悪くなって、

全体のバランスをよくするためには何画がよかろうか…。

などど考えていると止まらなくなったりするのであります。

 

しかし、この話はこれ以上広げるつもりはございません。

 

今回は、アイシングクッキーを作りました。

 

 

大量のクッキー

 

 

クッキーを焼きました。

クリスマスアイシングクッキーなるものをであります。

完全なる出来心であります。

 

昨日クッキーを焼きました。

昔はミリガンに型抜きを楽しまるためにクッキーを作ったものであります。

しかし今回は、ミリガンは勉強をしておりました。

成長いたしました。

 

美味しくできたクッキーをほお張るミリガンをみると、

もうとろけちゃうんであります。

ミリガンに甘く、チャックに甘く、そして愛猫にも甘いわたくしなんであります。

 

今日はわたくしの姉も加わり、アイシングでデコレーションをいたしました。

昨日のミリガンに「お前もデコレーションするかい?」と尋ねるも、

「どうしよっかな…。いや、いい。勉強するから」

と言っておりました。

しかし今日になって、やっぱやろうかな。というミリガン。

 

懐かしかったのであります。

わたくしの家ではたくさんの子供たちがワークショップさながら

工作やお菓子作りをしまくっておりましたからね。

姉もよく遊びに来てはミリガンと一緒にものつくりをいたしました。

 

外へ出かけても、楽しそうなものつくりワークショップはよく体験しました。

お値段が高いなあと思いつつも、

ミリガンの瞳の輝きが見たくて、ほんとうによく参加しておりました。

 

アイシングクッキー、約60枚くらいでしょうかね。

意外とむずかしく、不格好になるものでありました。

前日に作っておいた手作りコルネのサイズがちょっと小さくて、

不慣れな我々は、アイシングを逆流させる失敗をしたりしつつ、

終始和やかに楽しくやっておりました。

 

ステキなクリスマス準備ができたのであります。

 

明日はクリスマス料理であります。

ちなみにケーキはスポンジを買ってきました。

半分手作りでありますね。

生クリームを泡立てるところからは手作りということで。

 

 

 

最後まで読んでくださってありがとうございました。

ではまた。